40代からのベースメイク

40代からのベースメイクは?

40代の女性が悩んでくるのはシワやシミでは無いでしょうか。

 

10代から20代はニキビに悩むような印象がありますが、若い時からのメイクによって、または日焼けのし過ぎからか40代辺りからシミが増えてくるようです。
メイクをするときに顔を良く見るとシミが気になってきます。

 

また、そのシミを隠すためにファンデーションを塗りすぎて、最終的には厚化粧というかたちになってしまうのです。
ファンデーションを薄くつけても上手にシミを隠す事が出来ます。

 

それはベースメイクを丁寧にする事です。化粧崩れが起きやすい所の目の下、小鼻、口まわりなので、下地やコンシーラーを付けて最後にフェイスパウダーで抑えてあげます。他に気になる部分はほうれい線なのですが、ほうれい線は線に沿ってラインを引きます。

 

一見、逆に目立たせてるように感じますがコンシーラーを使ってから指でポンポンと優しくたたくとお肌に馴染んで目立たないようにしてくれます。
目元のシワも気になってくる頃だと思いますが、このシワはペンタイプのコンシーラーを使う事で上手に隠れてくれます。
スキンケアをした後にもティッシュでオフする事でメイクが馴染みやすくなってくれるのですが、ベースメイクをした後にも目の周りやほうれい線を、同じように優しくオフしてあげることで落ち着き、お肌に馴染みます。ほうれい線については上から下に向かって優しくタッチするのがポイントです。

 

脂分が多いとメイクが崩れやすくなるので、ファンデーションを塗る前にティッシュでオフする事で要らない脂を取ってくれるのでノリも良くなり、尚且つメイクが崩れにくくなるのです。また、人気になっているBBクリームを使う時にはファンデーションを使わないようにした方が良いのです。

 

BBクリームは一つで色んな役目がありますので毛穴など目立たなくなるような物を選ぶようにすると小じわなども隠せます。
時間が無い人にはBBクリームひとつを使う方が手軽で良いのです。

 

また、40代の女性に向いているのはパウダータイプよりもリキッドタイプとも言われているようでリキッドタイプはナチュラルメイクに仕上げてくれるので、厚化粧の雰囲気が無くなります。ベースメイクとして最後にはフェイスパウダーをつけてあげることでメイクの持ちが良くなりますし、より透明感が出てくれます。

 

リキッドタイプの場合はシミやくすみなど40代の女性が気になる部分を上手に隠してくれるので良いのです。
シミやシワを増やさないようにスキンケアを心がけた上で上手にベースメイクをすると隠れてくれます。
ベースメイクを綺麗にする事でメイクが簡単で、厚化粧のように見えなくて済むので基本が重要なのです。