乾燥肌の方のベースメイク

乾燥肌の方のベースメイクの注意点は?

乾燥肌になってしまうと化粧のノリが良くなくなって上手く伸ばせ無い事があります。
ムラが出来てしまって重ねて塗ってしまうので厚塗り状態になるのです。

 

まずはスキンケアが大切で化粧する前には化粧水などでお肌を保湿させます。
コットンなどに浸してお肌につけてパックのようにすると良く保湿する事が出来ます。
化粧水を使ってから乳液を使うとベタベタするように感じて化粧水のみを使う事が多いですが、乳液をつける事でふたをする役割になってくれるので
化粧をした後に乾燥するのを防いでくれますので化粧水をしてから乳液をつけて保湿してベースメイクをするのが良いのです。

 

乾燥をしている時こそ紫外線対策のある化粧品を選び、それ以上の乾燥を防ぐように意識します。
ベースメイクに使う事の多いパウダーはテカるのを抑えてくれたり化粧崩れを防いでくれるものなので、皮脂を吸ってくれる役割があります。
ですので、乾燥肌にパウダーを使うと余計に乾燥させてしまうので使わない方が良いのです。乾燥肌にはクリームのものを使うのが適しています。
ファンデーション自体も粉では無く、リキッドやクリームの物を使うと馴染みやすくなります。

 

乾燥肌に粉のファンデーションを使うとカサカサになってしまうので、しっとりと馴染むような物を使うようにします。
ベースメイクに使う下地は手に出してから少し温めるようにして使うとお肌に馴染みやすいので人肌に温まるようにしてから塗りましょう。
ムラの無いように顔の外側に向けて伸ばしていき、ゆっくりと優しく馴染ませる事で綺麗にノリます。

 

お肌を強く抑えたりキツく塗らないように優しく丁寧に塗ってあげることで仕上がりが綺麗になるのです。