高校生のベースメイクのポイント

高校生のベースメイクのおすすめは?

最近では女子高生がメイクをするのも当たり前の様になってきていますが、ファンデーションを付けてアイメイクに力を入れているような印象が強いです。
反対にファンデーションを使わずにアイメイクやグロスを使ってのポイントメイクのみという女子高生も多いです。

 

勿論、皆がみんなそうではなくてスキンケアからきちんとやっていてベースメイクをして土台を作った上でメイクをするので、綺麗でナチュラルなメイクをしている女子高生も居ます。厚化粧では無くてベースメイクをする事で自然に仕上がるのです。

 

まず、ナチュラルメイクを目指す場合はベースメイクの時にしっかり下地とコンシーラーで気になる部分を隠してファンデーションは薄め、もしくは使わないでパウダーを使ったりも出来るのです。ファンデーションを使わなくてもパウダーでメイク感は出ますし、女子高生ですから、お肌が綺麗なのでファンデーションを付けて厚化粧のようになるのを避けてくれます。また、お肌への負担も軽くなります。
気になるのがニキビだと思いますが赤みが気になる所にはコンシーラーを使って隠してあげましょう。

 

ファンデーションを使わない場合は下地に持ちが良い物を選ぶ事がポイントです。下地を塗る事で日焼け止め対策も兼ねてくれるので下地は必須なのです。
そしてパウダーでテカりなどを防いだり持ちを良くしても良いですし、BBクリームを使うという手もあります。
BBクリームは乳液から下地、ファンデーションを兼ねたような物ですので厚化粧にもならず、しっかりメイクが出来ます。
毎日のようにメイクをしているとお肌にも負担がかかるので20代でシミなどが出来やすいとも言われています。

 

 

女子高生であれば下地をしっかりしてファンデーションをしないという事が、多いようなので、下地とフェイスパウダーをしっかり選ぶのがポイントです。下地にも色がありますのでピンクオークルなど明るめの色を選んで、明るい印象にしても良いと思いますがファンデーションをしないのであれば下地を明るくし過ぎてもファンデーションで抑えられないので、お肌の色に合う下地の色を選ぶと良いと思います。下地を塗る事でメイクの仕上がりが良くなって、お肌自体も守ってくれる効果もありますので、ファンデーションは抜きにしても下地はしっかり付けた方が良いようです。最後はパウダーでふんわりとさせてあげると完璧です。