ニキビがある時のベースメイク

ニキビがある時のベースメイクはどうすればいいの?

ニキビが出来てしまうとメイクで隠したくなるのですが上手く隠しきれなくて悩んでしまいます。
ニキビを治す為にもメイクはしたくないけれど、外に出るときはニキビを隠したいものです。
ですが、お化粧をする事で紫外線などの刺激が防げるのでメイクをする事は悪い事でも無いのです。
そんな時にはコントロールカラーを使ってベースメイクからしっかりして上手に隠すようにします。
赤みのあるニキビを隠したい時はイエローを使うと赤みが抑えられると言われていますが、グリーンのコントロールカラーを使っても赤いニキビがカバー出来ると言われているのです。

 

ニキビの部分だけに厚塗りをするとムラが出来てしまってファンデーションが綺麗に乗らなくなってしまいます。
下地を塗った上にお肌に近い色のスティックコンシーラーを使ってニキビの色を隠してみます。
ニキビ自体が腫れていないのであればニキビの部分だけ違う下地を使ってTゾーンのみ使える下地を別に塗るのも良い方法です。
はれているニキビは重ね塗りするほど目立ってしまい、隠しきれなかったりするのですが練り状のコンシーラーを使う事で隠す事が出来ます。
指で優しく塗ってあげるとファンデーションを塗った後にニキビが隠れてくれています。

 

下地を選ぶときには凹凸や毛穴などをカバーしてくれる物を選ぶと腫れてしまったニキビも隠せるようになりますし、保湿成分が入っている物にするとお肌の潤いを保つ事が出来ます。
ムラの無いようにするためにも広げて塗ってあげるようにすると均等になります。
はれているニキビにもグリーンのコントロールカラーは使えるので下地を塗ってからカバーするようにグリーンのコントロールカラーを塗ります。
指やブラシでニキビを覆う様に優しく塗ってあげることが大切です。この部分には部分用ファンデーションを重ねて塗ってあげることでグリーンの色が薄くなってくれます。
これを全体に塗らないようにするのがポイントなのです。

 

また、部分用カバーファンデーションという化粧品も出ていますので、ニキビのタイプに関係なく使う事が出来ます。
ニキビが気になって、そこだけ何度も重ね塗りして隠してしまう事がありますが、その部分が浮かないように顔全体をカバーしてくれるファンデーションを選ぶと良いと思います。
メイクをした日は必ず綺麗に取ってスキンケアをしてから寝るようにしてニキビに負担の無いようにしておくと次にメイクをする時にも良いのです。
しかし、お肌に合わない化粧品は余計にニキビを悪化させてしまうので、自分のお肌に合う化粧品を選ぶ事は大前提です。
化粧品はお肌に低刺激の物を選ぶようにしてニキビを治すことと、ニキビに負担のかからないメイクを両立させる事が大事なのです。