夏のベースメイクの注意点

夏のベースメイクで注意した方がいいことって?

お化粧にも季節は影響していて夏は特に汗をかく事で化粧崩れをしてしまう事が多くなってきます。
そしてクーラーなどを使う機会が増えてくるのでお肌が乾燥する事が多くなるのです。
そうしますとお化粧のノリが悪くなってきますのでベースメイクをする前には乾燥を防ぐために化粧水などで潤します。

 

また、寝る前に化粧を落としてから化粧水などを使って翌日のお肌が乾燥していないように注意しておきます。日々のスキンケアも大切という事です。

 

 

夏は日焼けにも気を使うので下地なども日焼け止めが兼ねられているものを使う様にして紫外線などでお肌にダメージが与えられないようにします。
日焼け止めも塗りたくなりますが多く塗ってしまうと、ファンデーションのノリも悪くなりますので塗りすぎないように意識して、
出来れば下地に日焼け止め効果のある物を使う様にしましょう。

 

 

それから良く汗をかいてしまう部分で化粧崩れが起きやすい場所がTゾーン、シワや口元なども崩れやすいですので、
このような崩れやすいポイントは薄く丁寧にベースメイクをする事が大切になってきます。
お鼻の周りはティッシュなどを使って優しくオフしてあげると付け過ぎないで済みます。
時間が経って崩れてしまうのが気になる部分は重ね塗りしてしまったり、多く塗りすぎてしまうので意識して少なめにするのが良いのです。
下地を塗ってコンシーラーを使ってファンデーションにパウダーを重ねていく事で化粧崩れを防いでくれます。

 

 

また、夏はウォータープルーフタイプの下地を使うと汗をかいても崩れにくくなりますし、プールや海などでも活躍してくれるので持っていても良いと思います。
しかし、注意しないといけないのが水に強いという事は落ちにくいという事で汗をかいて崩れてしまう時には効果的ですが
反対に洗顔しても取れにくくなっているので、綺麗に落とせていないと次の化粧の時にひびいてきますのでウォータープルーフ専用の洗顔などを使う様にするのが大事です。
夏に向いている下地としては日焼け止め作用が入っているもののイメージが強いですが、皮脂が多く分泌されて毛穴が目立ってくる季節ですので
ファンデーションの脂分と共に出てきて化粧崩れとなるのです。

 

 

ですので、下地は皮脂を吸収してくれるものを使うと余分な皮脂を取っていってくれますので化粧崩れが起きにくくなります。
そして崩れてしまったり気になる時はメイク直しをしますが、この時にファンデーションを使うと綺麗にならないのでティッシュやあぶらとり紙を使って
ファンデーションをオフするようにします。その後にパウダーを使って軽く乗せると仕上がりも綺麗になります。

 

夏はファンデーションの脂分が少ないものを使うと顔の脂分と共に化粧崩れになるので、少しでも崩れるのを防止してくれます。