ベースメイクの手順

ベースメイクの正しい手順について

お化粧をする上で大切なのがベースメイクだと思いますが、簡単なようで奥深いものなのです。
ベースメイクを正しくする事で化粧崩れを防ぐ事ができるので重要です。
化粧崩れをするのが嫌で何度も重ねて塗ってしまうと綺麗に仕上がらない事もありますので
ベースメイクを綺麗にする事で上から薄く化粧をしていっても美しい仕上がりになるのです。

 

夏の場合ですと日焼け止め作用がある下地を使うのが理想で、下地に使っていれば日焼けも防ぐ事が出来ます。
ベースメイクと言っても下地を塗るだけの事ではありません。

 

下地を塗り、コンシーラーを使い、パウダーなども使用してから、いよいよファンデーションを使ってメイクをしていくのです。
ベースメイクはメイクのノリを良くする事にも繋がるのですが、ベースメイクのノリを良くするためにもベースの前にするべき事があります。

 

顔の産毛などを剃っておくことと、乾燥を防ぐために日々のスキンケアも大切ですし、ベースメイクをする前にも化粧水でお肌を潤わせておきましょう。
この化粧水をつけてから直ぐに化粧をするのでは無く、少し時間を置いてお肌に馴染ませてから化粧を始めると良いのです。

 

こうしてスキンケアをしっかりしてからベースメイクを始めるのですが、下地は色が付いているものを使うと効果的で、実際のお肌よりも明るめの色を使う事で希望するファンデーションの色で仕上がる事になります。
ベースメイクの大切な所がもう一つありまして、目の下のクマやシワなどを上手に隠すことも出来るのです。
メイクをする為の土台のようなものですので、ベースメイクを綺麗にする事でメイク自体が綺麗に乗るようになります。

 

ベースメイクをする事によって、お化粧をしてから時間が経ってテカってしまうのを防いだり、メイクをしても毛穴が目立つ事が無いようにしたりとベースメイクをを上手にする事でメイクをすると綺麗に隠せるようにもなり、化粧崩れがしにくくなります。

 

またベースメイクをする為に専用の化粧品も多く出ていて、目元を中心にカバーできるようなペンや粉の化粧品もあります。
色んな化粧品を使ってメイク自体が薄くても綺麗に映えて化粧自体の持ちが良くなるようにしてみましょう。